ルアンマリカーレストランの歴史

ルアンマリカー

コンセプト : 高品質なタイ料理の味を伝えるタイレストラン、有名なレシピから美味しい食事の伝説を継ぎます。「タイのように食べる、タイのような生活」と言う文化の魅力を語ります。

ルアンマリカーの一意

最初にタイの文化を受けられます。 まずはタイ料理の味が濃くて、最良の材料で食事します。 サービスも雰囲気も良いです。 すべての料理はシラードン、緑の焼き物を使います。 きれいに刻する野菜と果物を飾られます。 料理を食べる前に手を洗うための、ジャスミンかけ水のボウルがあります。 店員のユニフォームは胸を隠すだけの布や、ケープや、手つくりのタイ式巻スカートなどで、つまり、ラオプアンの服と似ています。

ルアンマリカー スクムビット店の歴史

23日9月2002年に開店します。 最初の店は180年以上、ラッタナコシン時代のチーク材の家です。 ラーマ2世の時代に建てたと思います。 面積は824平方メートルで、ソイ・せーティー、スクムビット22に建てています。古めかしいタイ家とマリカー・リーラパン先生はオーナーですから、「ルアン・マリカー」と名前をつけます。 お店は2階あります。 1階は「トゥングーントゥントーン」大きいホール、「ラーンパイリン」広い中庭、木々や泳いでいる鯉がいる小さな滝に囲まれています。 気持ちのいい雰囲気です。 2階はホールは3部屋あります。 「マハーホン」と「セーティールアンナイ」はコネクティングルームです。もう1部屋は「セーティールアンノーク」、家の右にあります。全室は木のソファーと三角枕を準備します。

ルアンマリカー クリスタル・ディサイン・センター店

ルアンマリカー2店は9日3月2010年に開店しました。 1階Eビルのクリスタル・ディサイン・センターにあります。 面積は186.35平方メートルです。該当タイレシピではきれいで、美味しいです。 ルアンマリカー スクムビット店を成功して、有名になりました。 タイ人にも外国人にもタイの美味の印象を与えます。 その後、マリカー・リーラパン先生はお客さんのために、支店の数を増やすとお思います。 異なる場所と環境ので、マリカー先生は木の家から、ルアンマリカーのコンセプトを変えります。 「タイのように食べる、タイのような生活」一意のレストランを守って、タイ・モダンを採用します。それでは、ルアンマリカー2店の原因です。

レストランの長所

内装は明るくして、透明のガラスを壁に使います。 きれいなタイの彫刻と絵画を飾ります。 レストランは2階あります。 1階 快適爽やかでオールドロース色と薄い緑色の大きいホール、アンティークな木の家具と籐の家具で飾られています。「クワクモラコット」のプライベートルームが1部屋あります。一階には外のテラスに接続され、水に囲まれ、涼しい風を感じています。 2階 木のソファーと三角枕で飾られているホール、屏風で2部屋に分けて、「オームグーン」と「オームトーン」のコネクティングルームです。